So-net無料ブログ作成

滑落が起きた八ヶ岳連峰の阿弥陀岳の南陵P3地点をGoogleマップで [最新ニュース]

八ヶ岳連峰へ登る

八ヶ岳連峰の中では最も難しいルート

 3月25日の朝、八ヶ岳連峰( やつがたけれんぽう )の阿弥陀岳( あみだだけ )の南陵のP3と呼ばれる岩場が切り立った、おねを登っている時に登山中の7人が滑落し、男女3人が亡くなった。

パーティーで登山をしていた7人はザイルと呼ばれるロープで繋がれており、先頭の登山客が足を滑らせて滑落したと報じられている。

登山ガイドの専門家に拠ると、滑落現場は上級者向きの一番の難所だと語っている。

滑落した現場をGoogleマップで表示すると、以下の場所になる。↓

グーグルが示している住所は長野県諏訪郡原村で、Googleアースで示すと、以下の表示になる。↓

亡くなった3人と、生存している4人も大怪我をされているところを見ると、おそらく7人はロープで、お互いを繋いでいたのではないか。

滑落した高さは300メートルだったというが、軽症で済んだ3人の登山客は奇跡だとしか言いようが無い。

スポンサードリンク

そう言えば昔から、よく聞く話で登山家が「 なぜ山に登るのか 」と聞かれると「 そこに山が有るからだ 」と答えるのだそうだ。

たしかに真理は、そうなのかも知れないが、無理してまで生命を懸ける必要は無いように思うのだが。

また、亡くなった方の1人は、自分の祖母に「 山の山頂に到達した時は達成感が、あるんだ 」と語っていたと報道されている。

富士山の登山ツアーで初心者向けの2017年版5選


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.