So-net無料ブログ作成

山根明会長が日本ボクシング連盟を解任されなかった理由 [スポーツ界]


 渦中のアマチュア日本ボクシング連盟の山根明会長【 78 】が7日に行なわれた臨時理事会に出席、解任されるものと思われていたが、「 会長に一任 」という形で8日の、お昼に山根会長みずからが自身の進退を発表する。

理事会で過半数決議で解任にならなかった理由

 報道では、30人いるとされる日本ボクシング連盟の理事の内、26人が辞任を発表しているという。

実は当初、理事の過半数以上が多数決で「 山根明会長の辞任を要求 」すれば過半数決議で山根明会長は解任される見通しだった。

だが実際には解任されず、「 会長に一任 」という形になったのである。

なぜ、山根明会長は臨時理事会で解任されなかったのか?

なぜ山根会長の進退は追放ではなく一任となったのか? 」より引用↓

当初、山根会長が辞任を了承して表明しない場合は、
解任動議を提出して、解任決議を通す考えでいたが、
それには過半数を超える理事の出席と、
過半数を超える票数が必要で、今回は、
反対派の抵抗もあり人数が揃わずに泣く泣く断念したのだ。

【 引用ここまで↑出典:THE PAGE 】

つまり、まとめると日本ボクシング連盟は山根明会長を解任させる意思決定をしていたが過半数を超える理事の出席が無かったので、つまり「 解任動議 」に必要な出席数が揃わなかったので、山根明会長の良心に託した、というのが実情だ。

臨時理事会が終わった後で、記者会見に応じた山根明会長だが、決断は下す考えでいる。

「 手を胸に当てて考える 」とは、よく言われるが囲み取材のあいだ中、ずっと自身の手を胸に当てていた山根明会長の胸中はいかにー!?

スポンサードリンク

当ブログでも、「 奈良判定 」という疑惑について記事に、したためているが、いわゆる「 審判不正疑惑 」は、333人が出したとされる告発状の12項目の中の1つにしか過ぎない。

反社会勢力との交際なども、明るみに出てきて、もはや「 辞めません 」とは言えなくなってきている状況だ。

しかし、会見を聞いていて思ったのは妙に「 反社会勢力の脅しには屈しない 」と語っていて、自身の意志の強さをアピールするプライドに、こだわっていた事である。

さて、全ての答えは8日の正午に出る筈だ。

奈良判定の意味とは何か?


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.