So-net無料ブログ作成

日本相撲協会の譴責処分とは?分かりやすく解説 [角界]

日本相撲協会けんせき処分

けんせき処分って何?

 日本相撲協会が第69代横綱の白鵬関【 32:宮城野部屋所属 】に対して「 けんせき処分 」を科す方向であると報じられている。

ざっくり説明すると、11月26日の千秋楽に優勝を決めた後のヒーローインタビューでの「 言動 」が横綱審議委員会に問題視されたため。

さらには28日にも、日本相撲協会で問題発言が有ったとして、同協会は白鵬関に厳重注意を科す方針。

所で、日本相撲協会の「 けんせき処分 」とは、いったい何なのか?

( 以下「 日本相撲協会の懲戒処分 」から引用 )↓

“除名、解雇、番付降下、出場停止、減俸、譴責( けんせき )の6種類。
除名には理事会、評議員会で、それぞれ4分の3以上の
賛成による特別決議が必要で、退職金は支給しない。
解雇以下の処分は理事会の過半数の賛成で決められる。
解雇は退職金が出るが、理事会決議で支払いを停止できる。
( 2010-06-29 朝日新聞朝刊1総合 ) ”

( 引用ココまで・出典:コトバンク )↑

「 じゃあ、けんせきって何の処分? 」という話しになるのだが以下に、譴責の説明が為されている。

( 以下「 譴責:けんせき 」から引用 )↓

“1.しかり責めること。不正や過失などを厳しくとがめること。
「 不注意によるミスを譴責する 」
2.懲戒処分のうち最も軽いもの。職務上の義務違反について警告し、
将来を戒めること。現在、法令上では戒告という。「 譴責処分 」”

( 引用ココまで・出典:コトバンク )↑

つまりは、けんせき( 譴責 )処分とは当人の過ちを厳重に注意して戒めるという意味合いを、もっているのではなかろうか。

日本相撲協会の譴責処分の細かい内規に関しては資料が無いので詳しくは分からないが、なにか罰金が発生するとかいった事は無いと考えられる。

スポンサードリンク

それでは今回の譴責処分を科される方針の白鵬関が日本相撲協会や横綱審議委員会に対して犯した過失とは具体的に何なのか。

【 この記事ページの目次 】

 1. けんせき処分って何?

 2. 26日の優勝インタビューでの発言

 3. 28日の理事会でも問題発言

 4. 30日に八角理事長が厳重注意

 5. でも白鵬関って人間できてるよなぁ


26日の優勝インタビューでの発言

 どうも、今回の白鵬関の問題発言は1つではなさそうだ、

26日の優勝インタビューでの発言は以下の通り。

( 以下「 白鵬をけんせき処分へ:不規則発言で相撲協会 」から引用 )↓

白鵬は千秋楽の26日、土俵わきでの優勝インタビューの中で暴行問題に触れ、
「 日馬富士関と貴ノ岩関を再び、この土俵に上げてあげたいと思います 」
などとファンに訴えた。さらに、観客に呼びかけて万歳した。
これに対し、横綱審議委員会の北村正任委員長( 毎日新聞社名誉顧問 )が
翌27日、「 何か自分でできるような感じでね。そういうことを言うのは
横綱としておかしいのではないか 」と苦言を呈していた。

( 引用ココまで・出典:朝日新聞DIGITAL )↑

バンザイを観客に求めた言動も問題視されたが、おそらく白鵬関は悪気は全く無かったに違いない。

なぜなら、手を挙げた事件の責任を取って横綱を引退した日馬富士関【 33 】の、事件の被害者である貴ノ岩関【 27 】も白鵬関の同郷、モンゴル国の出身力士だからである。

引退する日馬富士関が今後の人生を記者会見で語ったこと

しかし、日本相撲協会と横綱審議委員会としては「 横綱としての立ち居振る舞いにしては品格上の問題あり 」との見解を下した。

じつは白鵬関は28日にも問題発言を、おこなっていたとするニュースも報じられている。

28日の理事会でも問題発言

 実は28日に九州で行われた八角理事会【 日本相撲協会・八角理事長:元横綱北勝海・54 】の講話の中でも以下の様な発言を行っていた。

( 以下「 白鵬が貴乃花部長批判「 冬巡業には参加できない 」 」から引用 )↓

“「 貴乃花巡業部長の下で冬巡業には参加できない 」
などと批判する発言をしていたことが30日、
日本相撲協会関係者の話で分かった。”

( 引用ココまで・出典:日刊スポーツ )↑

では、なぜ貴乃花巡業部長【 45:元横綱貴乃花 】のもとでの冬巡業は嫌なのか?

明白な答えは分からない。

しかし、白鵬関と同郷の貴ノ岩関の親方である貴乃花親方の立ち居振る舞いや、報道されていない中での確執も有るのだろうか?

30日に八角理事長が厳重注意

 白鵬関の一連の問題発言に際して、日本相撲協会は11月30日に白鵬本人と師匠の宮城野親方【 60:元東前頭13枚目の竹葉山 】を両国国技館に呼び出し、厳重注意( けんせき )したと発表した。

現役の横綱が協会に呼び出されて厳重注意( けんせき )されるのは異例中の異例。

( 以下「 白鵬に厳重注意「横綱の品格にかかわる」八角理事長 」から引用 )↓

“この件について八角理事長( 元横綱北勝海 )は 「 横綱の品格にかかわる言動で今後は慎むようにと、 私から厳重注意をしました 」と説明した。”

( 引用ココまで・出典:日刊スポーツ )↑

白鵬関と宮城野親方は、しっかり謝罪をしたとの事。

スポンサードリンク

でも白鵬関って人間できてるよなぁ

 別に白鵬関を、かばうつもりもフォローするつもりもない( Twitterの公式アカはフォローしたが )が、人間は出来ている力士だと思う。

今回の、けんせき処分は横綱としての品格面で横綱審議委員会と日本相撲協会が問題視したのは確かだ。

最近は、めったにテレビを観なくなったが、しかし、白鵬関の日常での様子を取材した番組を観たときは人間が出来ているなぁと感心した事を覚えている。

以前、日馬富士関の前に、問題行動を起こして引退に追い込まれた某元横綱の立ち居振る舞いは、すごかった。

何かの取材で空港でインタビューしている記者に向かって、虫の居所が悪かったのか「 .....その前によ!?『 お帰りなさいませ 』じゃねーのかよっ!! 」と凄んでいた元大横綱もいたのである。

この場面を日本相撲協会や横審の関係者が見ていたら、間違いなく「 けんせき処分 」は間違いないな、と思ってしまったのだが。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Copyright © 世の中の最新ニュースや事件を一刀両断 All Rights Reserved.